韓国製のカラコンって大丈夫?

今さらだけど、韓国製のカラコンって本当に大丈夫なの?


カラコンはずっと使ってる・・・けど、安全性は自信がない・・・って人多いんじゃないかな?
外国産よりは日本製の方が断然いいのも知ってるし、安心できるってのも知ってるんだよね。

でも、韓国製の方がデザインが良かったり、価格が安かったりってところから、韓国製や台湾製のカラコンを使ってる人が多いんだよね。

今さら誰にも聞けないから、最近の外国産のカラコンの安全性をちょっと調べてみました。


それこそ昔は、カラコンって雑貨屋とかでも売ってたんだよね。当時はまだ、薬事法規制対象になってなかったから。
この時に、眼病になったりとか充血が治らないとか、トラブルが続出したのが原因で、一気に韓国や台湾などの外国産のカラコンイメージが悪くなったんだ。

でも、今ではカラコンに対する国の考え方も変わって、しっかり薬事法規制対象になったことで、
一定の安全基準をクリアしないと日本では販売できなくなったんだよね。


だから、外国製であってもパッケージの裏などにしっかり高度管理医療機器承認番号がついています。
これは、安心できるカラコンですって意味にとってもいいんだよ。

たまに、この高度管理医療機器承認番号がないものがあるみたいなんだけど、それはできるだけ買わないように!!!
高度管理医療機器承認番号があるものと比べると、かなり完全性は劣ります。

今使ってるカラコンって大丈夫なのかな??って思うんだったら、
友達とかに聞くよりも先に高度管理医療機器承認番号がしっかりついているのかを調べた方がいいよ。

それでもやっぱり不安って思う人は、完全に日本製ってカラコンも売ってるので、その中から選んで購入するのが1番安心できる方法だよね。

結論なんだけど、韓国製などの外国産のカラコンの安全性は、日本の安全基準をクリア出来るものなので、昔よりも格段に良くなってると言っていい。
安全性を目で見て確認するなら、「高度管理医療機器承認番号」を確認するのが1番早い方法ってことだね。

ハーフ系カラコン 職場